商品カテゴリ

お客様サポート

カレンダー

2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日

お問い合わせ

NSC株式会社ニソール

info@cadlus.com
04-2958-8600
午前9時〜午後6時

 

CADLUS Sim 伝送線路解析シミュレーション

ダウンロード

プリント基板伝送線路解析シミュレータ CADLUS Sim 製品情報

CADLUS SimはCADLUS One シリーズと組み合わせて使用することで、パターン設計中に部品端子をクリックしてリアルタイムにシミュレーションが簡単操作で行えます!!

トポロジーエディタにより配線前の疑似シミュレーションも行えます。

パターン設計とシミュレーションをシームレスでスムーズな環境を提供します。

配線前、配線中を問わず簡単操作にて伝送線路のシミュレーションを行うことが出来るプリント基板伝送線路解析シミュレータです。

CADLUS Simでできること

CADLUS Oneで作成されたプリント基板データを用いて、CADLUS OneからICのピンを指示することによって、その配線が伝送線路として扱える場合にその配線に接続されたICの入力Pinで波形を表示することができます。これにより、以下のシミュレーションを行うことが可能です。

配線での信号遅延
ダンピング抵抗値による影響
配線の伝送線路インピーダンス

シミュレーション終了後、結果報告書を1クリックで作成することが出来ます。

※シミュレーション情報はCADLUS Oneの基板データと共に保存され、再設定は不要です。

システム対応概要

●3GHz対応   ●全て日本語対応

シミュレーションアルゴリズム

CADLUS SimはIBIS(I/O buffer information specification)モデルとオリジナルモデル及び特殊な モデルとしてオープンが有り、状況により最善の解析が行えるよう選択する事が出来できます。IBISモデルを使えば、システムベースで高速なシミュレーションが行えます。

基板設計ツールCADのCADLUS Oneシリーズとの連携

基板設計ツールCADとしてCADLUSシリーズ(以下、CADLUS)とセットでご利用いただけます。CADLUSでパターン設計中に設計画面ウィンドウ内のシミュレーションアイコンをクリックすることで即座にシミュレーションを行うことが可能です。CADでのパターン設計を終了・中断する必要が無い伝送線路解析シミュレータは業界初であり、設計者の作業効率向上に役立ちます。
また、他社の基板設計ツールCADをご利用されている場合でもデザインファイルを読み込むモジュール(オプション)を付けくわえることによりご利用いただけます。

CADLUS Simデモ

CDALUS One(キャドラス ワン)と1体化された伝送線路解析シミュレーションCADLUS Sim(キャドラス シム)のご紹介をいたします。デモの内容は、ザイリンクス社製FPGA Virtex5(バーテックス ファイブ) とDDR2 のデーターラインに着目し分岐等長配線に付いて検証いたします。

  • ボードレベル解析
  • トポロジーエディタによる疑似シミュレーションモデル
  • 等長配線の修正
  • 最終シミュレーションモデル
  • 1クリック簡単報告書作成

CADLUS Simオンラインデモはこちらをクリック

Point1 部品端子クリックシミュレーション

CADLUSでパターン設計中に対象部品端子をクリックすることでシミュレーションがおこなえます。

部品端子クリックシミュレーション

Point2 波形表示

波形解析を行った結果を表示します。

解析結果を元にパターンディレー、オーバーシュート、グリッジ等の結果を表示します。 多機能グラフ表示によりさまざまな波形の検証が容易に行え、前回,前々回の波形解析結果と比較ができます。

マイクロストリップライン、ストリップラインを詳細に解析

【オシロスコープイメージの表示形式】

波形解析

Point3 トポロジーエディタにて部品配置、パターン設計前でも疑似シミュレーションが可能

疑似シミュレーションが行えます。

CADLUS Simはパターンデータをトポロジーに自動生成し、疑似配線モデルを作成してシミュレーションを行うことが可能です。
また、疑似的にパターン、ビア、プルアップ、プルダウン抵抗、ダンピング抵抗や入力端子も追加・削除することもでき、パターン検討用にトポロジーのみで回路を生成しシミュレーションすることも可能です。
結果をパターンに反映させて効率のいいパターン設計を行うことができます。

Point4 経路解析

波形解析を行う経路イメージと基板のパターンデータを表示します。

イメージ図の色は、パターンは赤,スルーホールは緑,出力ピンは赤枠に水色,入力ピンは赤枠に白,
抵抗コンデンサー等の部品は青で表示します。
シングルラインの時は上部のみの表示になり差動では全体表示になります。

経路解析

Point5 結果報告書を1クリックで作成

結果報告書を1クリックで作成して表示します。

波形解析経路、条件、結果波形等をまとめたレポートをExcel 形式で作成します。

波形は現在グラフに表示されているものが使用されます。

クライアントに対しての結果報告レポート作成を容易に行うことができます。

結果報告レポート

Point6 EYEパターン表示

アイ・パターン解析を行った結果を表示します。

解析結果を元にジッター、開口電圧、開口率の結果を表示します。多機能グラフ表示によりさまざまな波形の検証が容易に行えます。

EYEパターン表示

Point7 LCR編集

LCRの部品形状によって存在する寄生容量,浮遊インダクター,直列抵抗の各々の値を編集します。 抵抗の場合は寄生容量,浮遊インダクターの設定 コンデンサーの場合は浮遊インダクター,直列抵抗 コイルの場合は寄生容量,直列抵抗の設定をします

LCR編集

Point8 IBISモデルでのシミュレーションが簡単に使用可能

CADLUS SimはIBIS(I/O buffer information specification)モデルとオリジナルモデル及び特殊な モデルとしてオープンが有り、状況により最善の解析が行えるよう選択する事が出来できます。IBISモデルを使えば、システムベースで高速なシミュレーションが行えます。

定数設定の場合は抵抗,コンデンサー,コイルの定数及び外形コードの選択をします。

シミュレーション設定画面にて各信号にモデルの設定が行えます。

また、グラフで表示した際に見やすいように各信号に色も選択する事ができます。

シミュレーション設定

オリジナルモデル編集

IBIS モデルを使用しなくてもシミュレーションを行えるように本ソフトはオリジナルモデルも使用しています。そのオリジナルモデルを作成,編集できます。
作成,編集に使用するデータはデジタルIC 系のIC であればデーターシートに記載されています。

オリジナルモデル編集

その他

動作環境

対応OS:Windows 7/Vista/XP/2000(各日本語版 各64ビット版を含む)
CPU:2GHz以上推奨
メモリ:1GB以上推奨
HDD:2GBの空き容量
ディスプレイ:解像度1024×768以上(1280×1024推奨)
その他:USBポート、CD-ROMドライブまたはDVDドライブ、

製造元 : 株式会社ニソール
価格 : 3,000,000円 (税別)
数量
 

品切れ